怖い活性酸素の話|どのような害があるのか?そして対策は?

怖い活性酸素の話|どのような害があるのか?そして対策は?

活性酸素は息をすることで体内に取り込んだ酸素で代謝が行われるときに
作られる物質です。
息を吸っているだけで発生するっていうんだから、避けられないもの。

活性酸素って悪いイメージが非常に強いけれど、
悪いことばかりではなく、体に入った細菌を撃退する働きもあるんですよ。

活性酸素は体にとって必要な部分もあるけれど、
増えすぎると悪い物質。

○増えすぎると悪い活性酸素による害
活性酸素が体に増えると、細胞を酸化させてしまいます。
活性酸素によって体が酸化することで起こる害とは、
・動脈硬化
・糖尿病
・がん
・痴呆
・しみ、しわ
重い病気になるだけじゃなく、美容にも非常に悪いんです。

○活性酸素が増えるわけ
・喫煙
・ストレス
・激しい運動
・食品添加物
・加工食品
・紫外線
・電磁波
現代人の多くが関わっているものばかりですね。

○活性酸素を増やさない対策とは?
増やさなきゃいいんだよね。
ということで、対策していきましょう。
・抗酸化物質を作ろう
体の中に抗酸化物質を作ることで活性酸素の酸化を防ぎましょう。
緑黄色野菜に多く含まれているビタミンCやビタミンE、それにベータカロテンが
細胞の酸化を防ぐことができます。
また、赤ワインのポリフェノールに
大豆製品にも抗酸化作用があるといわれています。
赤ワインは飲みすぎなければ、体にいいお酒なんですね。
赤ワインの他にもリンゴ、ココアやブルーベリーにもポリフェノールが含まれています。
緑茶に多く含まれているカテキンも抗酸化成分を含んでいるそうです。

緑黄色野菜のビタミンCやEに、ベータカロテン、
ポリフェノール、大豆のイソフラボン、緑茶のカテキンなどを積極的に
食べるようにしましょう。

・規則正しい生活を
生活習慣が乱れると、風邪などをひきやすくなるでしょ。
免疫力が低下しているということです。
免疫力が低下することで活性酸素は増えてしまいます。

・ストレスをためないこと
やっぱり、ストレスは体に悪いようで活性酸素も増やしてしまいます。
ストレスがたまっているとまず、免疫力が低下するし、
お酒の飲みすぎにもつながるし、タバコもやめられなくなるでしょ。
ストレスって、体にダメージを与えるんですね。

・紫外線対策
お肌に悪いといわれている紫外線は、メラニンを生成して
シミやしわの原因を作るだけじゃなく、活性酸素も作ってしまいます。
日焼け止めを塗る、帽子やアームバンドを付ける、日傘を使うなど
紫外線に浴びない工夫をしましょう。

活性酸素を作らないようにするには、やっぱりどんな生活を送るかが重要です。
これを機に見直して改善させていきましょう。