酵素サプリや酵素ドリンクを飲んでも痩せるわけがない!過剰な広告には騙されないように!結局摂取カロリーと消費カロリーが全てなのですよ!

最近、どこでも酵素~という商品を見かけますが、本当に酵素の効果をして摂取している人ってどれくらいいるのかな?

何となく酵素=ダイエットと考えている人も多いみたいで、酵素サプリや酵素ドリンクを飲めば痩せる効果があると勘違いしているようなんです!

酵素が新陳代謝を上げてくれ食べても太らない体を手に入れることができるとでも思っているのかな?でも・・・騙されても仕方がないと思えるような過剰な広告も多くて、酵素を飲んで数十キロ簡単に痩せました~みたいな嘘くさい写真まで載せていると、思わず飛びつきたくなるのは人間の心理ですよね。

それに騙されてはいけませんよ!酵素を飲んで痩せるってことは絶対にないのです。

結局は脂肪を減らすためには摂取カロリーと消費カロリーのバランスで、痩せたい人は消費カロリーの方を多くすれば良いし、逆に太りたい人は摂取カロリーを多くすれば良いと言うすごくシンプルなことなんです。

でも・・・分かってはいてももしかしたら、酵素が脂肪を燃焼してくれるのかも!なんて夢みたいなことを考えてしまうのかもしれません。

実際に酵素を使ってダイエットに成功している人はたくさんいて、プチ断食に取り入れる人もいます。

このプチ断食は2日ほど酵素ドリンクのみで過ごして体の中の毒素や不純物を外に出し、新陳代謝を上げるという方法。

もちろん、酵素ドリンクしか飲まないのですからその2日間だけで数キロ体重を落とすことができ、徐々に普通の食事に戻しながらも酵素を取り入れて効率よくダイエットをするという、決して簡単で楽な方法ではないようです。

でも、この酵素を使ったダイエット方法は、健康にも良く肌もボロボロにならないので、アンチエイジングとして定期的に取り入れる人もいるらしいですよ!

酵素は、誰の体にも存在する物質だけど年齢とともにその量が低下するんだって!それを補うことでいつまでも衰えることのない元気な体と肌を手に入れることができるんだね。

私も、酵素を積極的に取り入れていつまでも若々しく人生を楽しみたいな~

米国でトランス脂肪酸の使用が禁止!トランス脂肪酸が入っている食品とその害について分かりやすく説明します。

最近世間をにぎわせているトランス脂肪酸という言葉、聞いたことがあるけど実際にどんな食品に含まれていて、体にどんな悪影響があるのかを知らない人が多いですよね!

私も先日初めて米国でトランス脂肪酸の使用が禁止!というニュースを観て、突如舞い込んできたニュースと言う感じがありました。

でも、このトランス脂肪酸って米国ではずいぶん前から危険性を指摘されていて、規制や制限があったみたいだけど日本ではそんなことなかったみたい。

日本って健康に害がある成分とかに敏感なイメージがあるし、当然基準とかあると思ったけど意外・・・野放し何だって!

でも、米国で使用禁止!ってことになったんだから日本だって何もしないわけにはいかないよね。

きっと、日本でも禁止になるか厳しい基準が作られるのかどちらかな・・・

 

私たちが普段食べている食品の中にどれだけトランス脂肪酸が含まれる食品があるのか調べてみたら・・・面白いことに「美味しいけど、体に悪いだろうな~」と考えながら食べる物のほとんどに含まれていることが分かったの!

例えば、マーガリンやケーキ、お菓子、カップラーメン、フライドポテト、アイス、パン・・・みんな大好きだけど食べ過ぎないようにしよう!って思う物ばかりでしょ。

和食にはあまり含まれないから米国で禁止されるのも、何となく納得。

このトランス脂肪酸っを含んだ食品を食べると、動脈硬化、心筋梗塞など心臓の病気になるリスクが高くなるっているデーターがあって、他にも流産、子宮内膜症、不妊などの婦人科の病気、アトピー、アルツハイマー、パーキンソン病、肥満、癌・・・本当に色々な病気の原因になりまさに万病の元と言える物質らしいの!

そんな怖いトランス脂肪酸を日常的に摂取しているなんて信じられないし、それを全く教えてくれない国って・・・知ってたらここまでトランス脂肪酸が含まれる食品を好んで食べたり、おいしいと感じることもなかったと思うよ!知らないって本当に怖いことだよね。

今からでも自分の食生活を見直してトランス脂肪酸が含まれていないかチェックしたいよ!でも、その表示だって日本の食品には書いてないから、自分で判断するしかないのかもしれないね。

自分だけではなくて家族の健康を守るためにもトランス脂肪酸についてもっと情報が欲しいな・・・病気になってからじゃ遅いからね!

 

炭水化物抜きダイエットは体によくない!?良い点、悪い点を私なりにご説明します。

手っ取り早く、ダイエットをする=炭水化物抜きダイエット。
一度は考えたことがある、やったことがあるという方は少なくないでしょう。

実際に、私も考えたことがあり実行したこともありましたが、
私の場合は続かなかった。。。
あれだけブームになった炭水化物抜きダイエットは体に良くない?!
そんなこともささやかれています。

炭水化物抜きダイエットは体に良くない!?良い点、悪い点を
私なりにご説明いたします。

○炭水化物とは。
ご飯や、麺類、パン、ジャガイモも炭水化物です。

○炭水化物でダイエットできる理由
そもそも、炭水化物を抜いたくらいでダイエットができるんでしょうか。
炭水化物は食べると分解されることで糖分に変わります。
糖分はエネルギーとして使われないと脂肪に変わる。
だから、炭水化物を食べると太ると考えられているんです。

じゃあ、脂肪に変わる糖分を取らなきゃ太らないし痩せるじゃん。
というのが、炭水化物抜きダイエットが生まれたわけです。

○炭水化物抜きダイエットのメリット
・手っ取り早い
とにかくすぐに始められる方法です。
ご飯や麺類、パンにジャガイモを食べなきゃいいんですから。

・痩せる
炭水化物は糖分に代わって蓄積されることで脂肪に変わります。
糖分がエネルギーとして使われれば脂肪に変わることもないけれど、
運動をしない、代謝の低下によって摂取した糖分をエネルギーに変えられなければ、脂肪に変わります。
炭水化物を食べないことで糖でエネルギーを燃やすことができなくなった体は
脂肪を燃やしてエネルギーに変えるので、脂肪が落ちやすくなります。

・運動しなくてもいい
運動して脂肪を燃焼させなくても、炭水化物を抜くだけで脂肪が燃焼します。

○炭水化物抜きダイエットのデメリット
ここまで、炭水化物抜きダイエットはメリットが大きいな、
という印象ですが、炭水化物を抜くことで、怖いこともありました。
・リバウンド
炭水化物は体にとって大事なエネルギー源です。
そのエネルギー源が急に失われることで、炭水化物を食べたときに
今まで以上に体に吸収してしまいます。
体も、炭水化物が入ってくることを待ってるんですね。

・集中力の低下
糖質は脳が唯一求める大事な栄養素です。
脳が欲している糖質が失われることで、集中できない、ボーっとする
など、思考能力が低下してしまいます。
勉強や、仕事に影響が出る可能性があるというわけです。

・肝臓に負担をかける
炭水化物を抜くと、そのほかに
おなかにがっつりくるものが食べたくなります。
肉や魚中心の生活になる、炭水化物が食べられない
ストレス発散のためにアルコールを大量に飲んでしまう可能性も。

・便秘
特に、ご飯は水分を多く含んでいるため、普段意識して水分を取っていなくても
水分は取り込んでいます。
ご飯を食べないことで自然な水分摂取ができなくなり便秘につながります。

炭水化物抜きダイエットは、悪いことばかりではないけれど、
痩せる以外に良いことはなさそうです。
が、逆に食べすぎるのも脂肪がたまる原因です。

朝、昼は炭水化物を食べて夕食だけ炭水化物を抜くのも
ダイエット効果があるといわれているので
無理しないようにしましょうね。

腸内環境は免疫力と密接な関係があった!

最近ちょくちょく腸内環境が~腸内フローラが~という話を耳にしますよね!

テレビでもやたらと腸内環境についての特集番組が多くて、それだけ視聴率がとれるってことなのでしょうね・・・

近年は大腸がんにかかる人も多くて、最悪の場合はなくなるケースも。

日本人と欧米の人の腸は構造自体が違うのに、最近は日本でも簡単にハンバーガーやチキンなどのジャンクフードが食べられて、手軽でおいしいのでついつい頻繁にお世話になってしまうんですよね~

体に良くないって分かっているのに・・・

そんな感じで食生活も欧米化してきて、日本人の腸にはかなり負担がかかっているみたいなのです!

当然腸内環境も悪くなり、便秘や下痢などの症状に悩む人も多いらしく、腸内環境についてもう一度考えてみようという風潮になっているのかもしれませんね。

腸内環境って、もちろん体の中の不要で害になる物質も便として外に排出するために整えておくべきものなのですが、それだけではなく、いろいろな病気から体を守ってくれる免疫力とも密接な関係があるそうです。

腸内環境が良い人は、病気にかかりにくく集中力や精神バランスも優れているそうで、齢をとっての元気で長生きできる人が多いらしいです!

「ぴんぴんころり」という言葉がありますが、これは亡くなる寸前まで元気に動いていられるという多くの人が理想とする亡くなり方で、そのためには腸内環境を整えて免疫力を上げる必要があるんです。

私の祖父は90歳を過ぎても病気一つすることなく、毎日趣味や畑仕事を楽しんでいるのですが、やはり腸が丈夫で便秘も下痢もほとんど経験がないと言います。

もちろん今でも毎日排便があり、肌のつやも良いので腸内環境がかなり良い人なのでしょう。

腸内環境が悪そうな人は頻繁に風邪や病気にかかったり、アレルギー症状がある人も少なくありませんよね?

免疫力とアレルギーも関係があると言いますから、腸内環境を整えるとアレルギーも軽減するってことかもしれません。

免疫力アップは病気に負けない強い体を作るために必要だと分かっていても、どんな方法があるのか分かりませんでした。

でも、腸内環境を整えることが免疫力アップにつながるのであれば、意外と簡単ではないでしょうか?ビフィズス菌や乳酸菌、発酵食品など腸に良い食べ物って結構多いし、適度な運動とストレスをためないこと!これを守れば免疫力アップ間違いなしですね。

 

怖い活性酸素の話|どのような害があるのか?そして対策は?

怖い活性酸素の話|どのような害があるのか?そして対策は?

活性酸素は息をすることで体内に取り込んだ酸素で代謝が行われるときに
作られる物質です。
息を吸っているだけで発生するっていうんだから、避けられないもの。

活性酸素って悪いイメージが非常に強いけれど、
悪いことばかりではなく、体に入った細菌を撃退する働きもあるんですよ。

活性酸素は体にとって必要な部分もあるけれど、
増えすぎると悪い物質。

○増えすぎると悪い活性酸素による害
活性酸素が体に増えると、細胞を酸化させてしまいます。
活性酸素によって体が酸化することで起こる害とは、
・動脈硬化
・糖尿病
・がん
・痴呆
・しみ、しわ
重い病気になるだけじゃなく、美容にも非常に悪いんです。

○活性酸素が増えるわけ
・喫煙
・ストレス
・激しい運動
・食品添加物
・加工食品
・紫外線
・電磁波
現代人の多くが関わっているものばかりですね。

○活性酸素を増やさない対策とは?
増やさなきゃいいんだよね。
ということで、対策していきましょう。
・抗酸化物質を作ろう
体の中に抗酸化物質を作ることで活性酸素の酸化を防ぎましょう。
緑黄色野菜に多く含まれているビタミンCやビタミンE、それにベータカロテンが
細胞の酸化を防ぐことができます。
また、赤ワインのポリフェノールに
大豆製品にも抗酸化作用があるといわれています。
赤ワインは飲みすぎなければ、体にいいお酒なんですね。
赤ワインの他にもリンゴ、ココアやブルーベリーにもポリフェノールが含まれています。
緑茶に多く含まれているカテキンも抗酸化成分を含んでいるそうです。

緑黄色野菜のビタミンCやEに、ベータカロテン、
ポリフェノール、大豆のイソフラボン、緑茶のカテキンなどを積極的に
食べるようにしましょう。

・規則正しい生活を
生活習慣が乱れると、風邪などをひきやすくなるでしょ。
免疫力が低下しているということです。
免疫力が低下することで活性酸素は増えてしまいます。

・ストレスをためないこと
やっぱり、ストレスは体に悪いようで活性酸素も増やしてしまいます。
ストレスがたまっているとまず、免疫力が低下するし、
お酒の飲みすぎにもつながるし、タバコもやめられなくなるでしょ。
ストレスって、体にダメージを与えるんですね。

・紫外線対策
お肌に悪いといわれている紫外線は、メラニンを生成して
シミやしわの原因を作るだけじゃなく、活性酸素も作ってしまいます。
日焼け止めを塗る、帽子やアームバンドを付ける、日傘を使うなど
紫外線に浴びない工夫をしましょう。

活性酸素を作らないようにするには、やっぱりどんな生活を送るかが重要です。
これを機に見直して改善させていきましょう。

これだけ飽食の時代でも現代人には酵素が不足している。なぜなら・・・

これだけ飽食の時代でも現代人には酵素が不足している。
といわれています。

○酵素ってそんなに大事なの?
酵素が不足しているといわれても、酵素ってそんなに大事な成分なのでしょうか。。。
実は、酵素は生命にとってとても大事なものでした。
酵素というのはもともと人が持っているものです。
消化酵素、代謝酵素があって、取り込んだ栄養素を使って体を修復させたりする働きがあります。
また、呼吸をする脈を打つ、筋肉を動かすなど人が生きていくうえで必要な
作用は酵素によるものだといわれており、酵素がどれだけ体にあるかが
長生きできるか短命になるかかかわっているほど、酵素量がカギとなります。
健康で長生きするためには酵素を増やす必要がありました。

○現代人に酵素が不足している理由
現代人は酵素。
なぜなら・・・
酵素は生ものでしか取れないから。

酵素は、生の野菜、生魚、生肉などでしか取れない成分です。
酵素って熱に弱いため、焼いたりゆでたり、蒸らしたりなどで壊れてしまい
摂取できません。

そういえば、最近生野菜食べていないな。。。
と心当たりがある人も結構多いんじゃないでしょうか。
レンジでチンが当たり前になっていますからね。

加工食品の食べすぎによる酵素不足が言われています。

さらに、ストレスや夜更かしも酵素が失われる原因です。
ストレスをため込んでいると酵素を作ることができないうえに、
無駄に酵素を使ってしまうそうなんです。

また、夜更かししちゃうとついついお酒を飲んだり、起きている分食べ物も食べちゃうでしょ。
無駄に消化酵素を使ってしまう原因になります。

喫煙、飲酒、暴飲暴食も酵素不足を招く原因です。
やっぱり、早寝早起き、禁煙、適度なアルコール摂取、野菜中心の食生活は
長生きのために大事な事なんですね。

○酵素が不足しているとどうなるのか。
酵素不足は人の命に係わるといわれていますが、
具体的には、免疫力の低下、生活習慣病、脳梗塞などの血管系の病気。
免疫力が低下することでアレルギーを招く恐れがあります。
また、癌などになる可能性も。

酵素が不足することで、代謝が低下するので痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。
脂肪をため込みやすい体質になることで生活習慣病になる可能性も。

さらに酵素が不足すると血液もドロドロに。
動脈硬化を招くため、脳梗塞や脳出血など血管系の病気になる可能性が出てきます。

美容にもよくないのが、酵素不足の落とし穴です。
しみ、しわ、痩せないからだ。。。

私もきっと酵素が不足しているに違いありません。

○酵素を取るには?
酵素は熱に弱い成分だから、生物を食べることを心がけましょう。
野菜や果物、お刺身が手っ取り早くとれる方法です。
あとは、最近ブームになっている酵素ドリンクや酵素サプリも使えそう。

酵素は命に係わるだけでなく、美容にも大事な成分だということが分かりましたね。
さっそく、取り入れていきましょう。

酵素ドリンクローヤルエザミンンの凄いところはここです!

酵素ブームはまだまだ続いているようで、最近はドラッグストアでも気軽に酵素ドリンクやサプリメントが購入できるようになりましたよね!

でも、あまりにもたくさんの酵素があると、どれが効果的なのかわかななくなり、ついつい一番安いものを買ってしまうなんてことになってしまいます。

酵素って体に良いから・・・と何となく摂取している人が多くて、実際にどんな効果があるかなんて考えない人も少なくないはず。

芸能人やモデルさんが酵素ドリンクを毎日飲んでいるとブログで書くと、あっという間に広まって自分も酵素さえ摂取していればその人のようになれる気がするから不思議ですよね~なれるわけないし、最初からきれいだから芸能人やモデルになってるのにね。

でも、この酵素って本当に体に良くて錆びない体を手に入れるためには不可欠な成分なんだって。

酵素ドリンクの中でも最も効果があると言われているのがローヤルエンザミン何だって!

この好悪ドリンク、他の物とは全然違って本当に酵素を摂取できるらしいよ~

本当に酵素を摂取?って思うかもしれないけど、実は今市販で売られている酵素ドリンクには酵素がほとんど入っていないらしいの!

これって詐欺?って思っちゃうけど・・・もちろん酵素ドリンクとして作られた商品だし酵素が十分に入っていたはずだけど。販売するには80℃以上の熱消毒が義務づけられていて、その過程で熱に弱い酵素は破壊されて効果を失っているんだって!

酵素は熱に弱くて50度から70℃で破壊されてしまう性質があるらしく、当然そんなふうに熱処理されたドリンクには酵素が入っていないことになるよね?

全く知らないでいろいろな種類の酵素ドリンクを飲んできたし、けっこうお金もかけたな~悲しい・・・

そんな酵素の性質に着目して、本当に効果がある酵素ドリンクを作ったのがローヤルエザミンンなんだって!

酵素なんだから同じでしょ?って思うかもしれないけど、実は酵素は酵素でも熱に強いエンザミンという成分で作られていて吸収率もとってもいいらしいの。

酵素は酸に弱いから胃酸によって吸収さっれ難くなってしまうけど、エザミンンは酸にも強い性質があって分子もとても小さいから吸収されやすいんだって。

とにかくこのローヤルエザミンンは本当に凄い!の一言に尽きる酵素ドリンクだね。

今まで酵素ドリンクを飲んで効果を感じなかった人は、きっと酵素が体に十分に吸収されていなかったってことだと思うよ。

ローヤルエザミンンに代えると酵素の本当の力を知ることができるかもしれないね!